/Schoodic601234.html,frigorent.cl,【美品】モンベル ルームシューズ,745円,レディース , 靴 , サンダル 745円 【美品】モンベル ルームシューズ レディース 靴 サンダル 745円 【美品】モンベル ルームシューズ レディース 靴 サンダル /Schoodic601234.html,frigorent.cl,【美品】モンベル ルームシューズ,745円,レディース , 靴 , サンダル 2021年レディースファッション福袋 美品 モンベル ルームシューズ 2021年レディースファッション福袋 美品 モンベル ルームシューズ

2021年レディースファッション福袋 美品 【楽天市場】 モンベル ルームシューズ

【美品】モンベル ルームシューズ

745円

【美品】モンベル ルームシューズ

商品の状態未使用に近い
商品のサイズ24cm
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法らくらくメルカリ便
発送元の地域大阪府
発送までの日数4~7日で発送



暖ったかルームシューズ カラー···レッド サイズM 後ろ外寸26センチ バレエレッスン時に待機時間に活用しようと購入したのですが、 部屋が暖かく使用しなかったので、部屋で眠ってます。 一度、部屋ではいたので、念のため、手洗いしました。

【美品】モンベル ルームシューズ

韓国俳優キム・ミョンミンに関するインタビューや記事の日本語翻訳ライブラリー
MENU
装動 創動 グリスブリザード

「グリッド」リーガン監督~cine21 あなたの2022視聴リスト



家が「秘密の森」イ・スヨン作家と聞いて俄然見たくなりました。
(しかし、ディズニープラス。。。)
ソ・ガンジュンも写真をみる限りですが
これまでのイメージと違うみたいですね。

そして演出はやはり映画監督。
「世の中がだんだん変わるのを見てドラマへと視線を広げた。」
そうでしょうね。OTTの配信サービスがエンタメ界を大きく変えましたね♪
このOTTに関する分析記事がありましたのでリンクを貼ります。(お借りしました🙇)
OTT(オーバー・ザ・トップ)とは?
動画は次の時代へ!映像業界収益の28.1%まで成長するOTT市場の解説
(この中に「世界のコンテンツ市場の現状と展望に関する調査」結果がリンクされているのですが映像業界は「世界的にOTT市場が拡大し、テレビからOTTへのシフトが進む。」という分析結果が」あります。
OTTを制するものが世界の映像業界を制する、ということでしょうかね・・・

このドラマは「地球を守るお話」・・・ムムム・・・
監督の説明される内容を読んだだけではちょっと理解が難しいのですが・・・
かなり興味を引くドラマであることは違いない。。

cine21の2022視聴リストはこれで最後です~♪

「グリッド」リーガン監督:「秘密の森」イ・スヨン作家のSFスリラー

制作エースファクトリー
監督リーガン、パク・チョルファン
脚本イ・スヨン
出演ソ・ガンジュン、キム・アジュン、 キム・ムヨル、キム・ソンギュン、イ・シヨン
チャンネルディズニー+
公開予定上半期

見どころ
リーガン監督によると、作家イ・スヨン氏の『秘密の森』がそうだったように、10部作シリーズという形式の中で「小さなディテールが巨大な物語に拡張していく」面白さが期待できそうだ。 「コンビニで起こった殺人事件から始まり、話が大きくなる。 殺人事件の一つが、人類全体が絡んだ問題に帰結する優れた物語に出会える」。

20年以上映画界だけを眺めながら生きてきたリーガン監督は最近、初の長編映画『鬼手』を演出した後、世の中がだんだん変わるのを見てドラマへと視線を広げた。 「もともとハリウッドでジャンル映画として認められるのが夢だった」とシリーズ演出の提案を厭わなかった。 韓国ドラマ『秘密の森』で大人気を博したイ・スヨン作家の新作という事実は、リーガン監督だけでなく視聴者にも期待を抱かせる。 ネタバレで言葉を惜しむリーガン監督に、事前制作が完了した状態でディテールな技術チェックだけを残している<グリッド>が見せる「ミステリー」の実体についてヒントを得ようと質問した。

「グリッド」は何を意味する?
<グリッド>は大きな危機に陥った人類を救ったミステリーな存在に対する真実を暴く管理局組織の職員と警察組織の刑事たちが繰り広げるミステリー追跡スリラーだ。 現在まで公開されたストーリーラインはこの1行だけだ。 演出を担当したリーガン監督によると、タイトル『グリッド』が指すのは、太陽風から地球を守るシステム、仕組みである。 グリッドの辞書的な意味は格子模様だが、シリーズでは保護装置を意味する程度で使われている。 注目すべきは危機に陥った人類を救う話ではなく、過去に「救った」存在を追跡する話だという点だ。 それでは<グリッド>は、地球の外からやってきた巨大な、謎の攻撃から地球を守り抜く人々の物語なのか。 それともこのような危機状況の中で人が人を追跡する話なのか。 リーガン監督はまず『グリッド』が「地球を守り抜く物語」と語る。 しかし、それがすべてではない。 「何が正しいのか」に関する質問が続き、その過程で「人物が成長していく」と言う。

【M】 メンズ アンダーウェア Tバック ふんどしタイプ 男性用 下着 必勝 その他ダメージはございません 公式 約68cm お色はカーキ 着用回数はファンミの時の1回のみです サイズはフリーサイズ 900円 BIGBANGがお好きな方にぜひお譲りしたいと思います コレクションされている方ぜしいかがでしょうか? ご注意 数年前からの自宅保存など 出品者負担 袖丈 全体の状態は良いですが 商品の状態目立った傷や汚れなし商品のサイズFREE SIZE配送料の負担送料込み ミリタリーシャツになります 男女問わず着ていただけます ファンミーティンググッズ ルームシューズ ミリタリーシャツ ^^ 約60cm 美品 袖にはBIGBANG フロントにはファンミーティングのイベント名のペイント 胸と背中の部分にBIGBANGのワッペンと ライトな着心地ながら 若干腕のところが色が薄くなっているようなかんじがあります 一度着用 モンベル BIGBANG 着丈 BIGBANGが大好きすぎて大事に保管しておりましたが 引っ越しのため整理をしております しっかりとこだわりが詰まった 一枚です ご理解頂ける方のみどうぞよろしくお願いします 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域愛知県発送までの日数1~2日で発送ご覧いただきありがとうございます BIGBANGのファンミーティングの際の 公式グッズスーパードラゴンボールヒーローズ美品 555円 配送の方法ゆうゆうメルカリ便発送元の地域未定発送までの日数2~3日で発送部位···ボディー用 未開封ですが自宅保管です セフォラ ルームシューズ 商品の状態未使用に近い配送料の負担送料込み スープリームボディローション sephora 出品者負担 モンベル雲海焼酎の空きビンみて 幼少時代思い出せます^ #キンキキッズ #kinkikids #フォトブック #ポストカード #写真 商品の状態新品 表裏有り モンベル これだけ許可が出ましたので出品いたします 素材 葉書のような紙の素材です ポストカード 15年前に キンキキッズ好きな旦那さんが 集めていたものの一つです サイズ 葉書サイズ 出品者負担 新品 ルームシューズ キンキ世代なので 配送の方法未定発送元の地域山口県発送までの日数1~2日で発送ご覧頂きありがとうございます 3枚付き いまは2人揃って見ることは 少なく無くなりましたが ^ キンキキッズ好きな方はぜひどうぞ^ ツルツルしていて光沢があります 枚数 8枚 状態 保存状態がよく 未使用配送料の負担送料込み 1200円 美品 キズが見当たりません ^ なにか質問等ありましたら 遠慮なくご質問くださいませ kinkikids,フォトブック,ポストカード付き書き込み式 漢字検定準2級問題集490円 よろしくお願い致します^_^ 即購入OKです モンベル 商品の状態新品 神経質な方や完璧を求める方はご遠慮下さいませ GODIVAハローキティファーチャームポーチ 購入しましたが断捨離する為出品致します 出品者負担 チョコレートは入っておりません ルームシューズ 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域埼玉県発送までの日数1~2日で発送GODIVAとサンリオのコラボ商品です 美品 未使用配送料の負担送料込み【美品】 iPhone イヤホンデュオ グロー 850円 出品者負担 ケースに少し汚れがあります 残量:写真で確認できると思います #THREEシマリンググローデュオ #THREE 美品 01 購入時期:1年くらい前 モンベル シマリング 商品の状態やや傷や汚れあり配送料の負担送料込み ルームシューズ THREE 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域東京都発送までの日数2~3日で発送■商品状態スマホポーチ ショルダー レディースこちらで裁縫用ののりで良ければなおしますので ルームシューズ 一つあたり定価9 ご自身でなおしていただくか ちょっとしたフォーマルシーンにも対応してくれます 毎日の通勤にはもちろん ネイビー 配送の方法ゆうゆうメルカリ便発送元の地域東京都発送までの日数1~2日で発送2着セットでの価格です ネイビーの方が画像6枚目の部分 美品 それぞれ6日ずつ仕事の通勤中のみ着ました 甘すぎないよう分量をしっかり調節 他の出品物とセット売りも可能ですので 出品者負担 商品の状態やや傷や汚れあり商品のサイズS配送料の負担送料込み ピンク 即購入OK 美しいシルエットを表現しました お気軽にコメントください 女性らしいフレアスリーブは 神経質な方はご遠慮ください の糸が取れてしまっていますので 350円 以下公式サイトより フロントネックにあしらったパールチェーンがポイントのきれいめワンピース 素人保管ですので モンベル 2299円 裾 155cmで膝が隠れるくらいの丈感です 程よく厚みのある素材感で インナーキャミワンピ付き パールフレアスリーブサックワンピース コメントください新米・令和3年産新潟みずほの輝き★色彩選別済白米5㌔×1個★幻の農家専用20出品者負担 _ 商品の状態目立った傷や汚れなし配送料の負担送料込み #プリパラカード 美品 プリチャンで使えます 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域奈良県発送までの日数2~3日で発送大きい一気にファッションが完成するカード3つです プリパラBIGカード 275円 #プリチャンカード m #プリパラ 良ければどうぞm #プリチャン プリパラ ルームシューズ モンベルDior+FranckMullerタトゥシールセット[非売品]モンベル 出品者負担 商品の状態目立った傷や汚れなし商品のサイズM配送料の負担送料込み ルームシューズ 配送の方法らくらくメルカリ便発送元の地域北海道発送までの日数1~2日で発送即購入して頂いても大丈夫です レザージャケット LOVELESS ライダース 美品 ´꒳` ラブレス 6688円
「幽霊」を追跡するのは誰か。
話が始まれば、表向きは平凡な公務員組職のようだが、実際は他の仕事をしている管理局に出会うことになるだろう。 ソ・ガンジュン演じる「キム・セハ」とキム・ムヨル演じる「ソン・オジン」が真実を追う管理局の職員だ。 セハがすることは,地球を危機から救う防御膜グリッドの創始者「幽霊」を探すことだ。彼が管理局に入社した理由でもある。 オジンはかなり長い間追跡してきた「消える女」、すなわち幽霊に対する正式の報告を捕らえ、思いがけない事件に巻き込まれることになる。 管理局内でセハとオジンが主にすることになるのは幽霊を追跡することだ。 彼らがなぜ幽霊を追跡するのかは、後になって明らかになる。 キム・アジュン演じる刑事チョン・セビョクは、物語の発端となる殺人事件現場で初めて謎の存在「幽霊」と出会う中心人物で、長い間幽霊を追跡してきたセハとの協力を始める。

リーガン監督は俳優たちに対して並々ならぬ自信を示した。 「セハは以前見たソ・ガンジュンの顔とは違う。 セハは自分の望みを叶えるために時々刻々と顔の表情を変える。 目標に向けて最善を尽くす彼の姿のおかげで、カンジュンを再評価することになりそうだ」と語った。 また、「夜明けは誰よりも強く、本音は温かい人間的な魅力がある。 キム・アジュンさんがハードなアクションを演じた。 そんな部分で観客が面白さを感じるのではないかと思う」という答えからも分かるように、これまで見たことのなかったキム・アジュンの新しい面を見ることになるだろう。 キム・ムヨルのオジンも彼らの間で緊張関係を形成する。 「オジンは管理局内の相当なエリートだ。 成長への欲求が強い人物だ。 責任感もあるし、所信もあるし。 しかし、自分の考えと方向どおりにことが進んでいるようには見えない。 セハと同調することはなく、自分だけの路線を所信を持って続けていく人物だ」と説明した。

幽霊の正体は何か。
すべてのミステリーの始まり、幽霊役はイ・シヨンが演じる。 24年前に人類を救ったグリッドを創始して姿を消した彼女は2021年に再び現れる. リーガン監督によると、イ・シヨンさんならではのアクションにも出会える。 「傍で見ていたところではアクションではアジアトップではないだろうか、とあえて言える。 アクションだけでなくSF的な見どころも期待できる」と自信を示した。 幽霊の正体も曖昧なのに、幽霊が保護するミステリーなキャラクターがもう1人登場する。 キム・ソンギュン演じる連続殺人犯「キム・マノク」という人物だが、彼は自分の出生日も知らないまま孤児に育ち、家族も友達もいなかった。 そのような殺人鬼をなぜ幽霊がかばうのかを明らかにするのがこの作品の核心だ。
イ・スヨン作家のSFはどのように違うのだろうか。

リーガン監督は脚本を書いた作家イ・スヨン氏の話し方が「既存のドラマとは違う点」を持っていて惹かれた。 「よくドラマは情緒と感情で導く作品と思われるが、そうでないのが特徴だった。 情報伝達を中心にドラマを進行されていた。 何よりも『グリッド』の最大の魅力は、地球を守る物語だということだ。 韓国だからといって地球を守れない理由はない。 派手に地球を守る話をしてくれて私も夢中になった」と<グリッド>が大胆で個性豊かな話をしていることを強調した。 ここでこのような質問を投げかけてみることができる。 それでは<グリッド>は危機に瀕する地球がきちんとしたシステムを作動させることができず、崩れる過程の問題点を描き出す話になるだろうか? それとも、あらゆる難関を乗り越えながら自分の目標通り、守るべきものを守る人々の物語を扱う作品になるだろうか? リーガン監督は「作家はシステムと個人の問題、その2つをうまく織り交ぜた。 劇の序盤では二つの方向の話がそれぞれ流れ、ある瞬間視聴者が感じられない時点で会うことになる。 その流れは、おそらく主人公のセハの心理状態を通じて転換されるだろう。 セハが覚醒するきっかけにもなる」という興味深い答えを聞かせてくれた。 韓国ドラマ『秘密の森』という強力な作品でデビューしたイ・スヨン作家が描き出す地球守護物語の裏に隠された秘密が知りたい。

★アウトドアリサーチ ソフトシェル xxl

<明日>キム・テユン/ソン・チウク監督~cine21 あなたの2022視聴リスト

t

のドラマもウェブトゥーン原作で演出が映画監督なんですね~
ドラマ演出にも映画監督が参入しているので競争が激しくなっているんでしょうね。
ドラマの枠を超えて映画のようで映画でもない、わくわくする新しいコンテンツが今後もたくさん誕生すると期待します。

「明日」はNETFLIXでも配信が決定しています。




<明日>キム・テユン/ソン・チウク監督:「自殺予定者を救う死神」
製作 スーパームーンピクチャーズ、スタジオN
監督キム・テユン、ソン・チウク
脚本パク・ラン、パク・ジャギョン、キム・ユジン
出演 キム・ヒソン、ロウン、イ・スヒョク、ユン・ジオン
チャンネルMBC
公開予定上半期

見どころ
韓国ドラマ『明日』以前に『カイロス~運命を変える1分』『チェックメイト!〜正義の番人〜』などを演出したソン・チウク監督は、「ドラマの主人公たちが'特別な'任務を持っているとは思わない」と語った。 「私たちはみな、毎日、あるいは長く短い期間にわたり、絶え間なく新しいミッションに直面する。 食べて寝て金を稼いで生きていくすべてのことがミッションだ。 それを特別にするのは、そのミッションを行う人々の切迫さではないか。 その切実さをうまく表現するために常に努力している」。 <明日>もまた人生に向けた真実の熱望で動く。

キム・テユン監督
職探ししていた27歳の就活生に就職の道が開かれる。 あの世の独占企業であり、最高のエリートが集まる大企業「走馬灯」の危機管理チームに、彼のための席ができたのだ。 昏睡状態に陥り、入社の機会を得るとはあきれたことだが、ジュンウン(ロウン)は、走馬灯の契約社員になることにする。 「一緒に働く条件を受け入れれば、予定より早く目を覚ます」というチーム長のク・リョン(キム・ヒソン)を信じてみたいからだ。 2017年から連載中の同名のウェブトゥーンを原作とするドラマ『明日』は、ベッドに閉じ込められた体を抜け出したジュンウンの魂が憐れみ、自殺予定者を助けようとしたことから始まる。 他人の苦痛を直視し、取り乱し、癒す危機管理チームの活動は『明日』を共同演出するキム・テユン、ソン・チウク監督によって撮影された。 2人は「ウェブトゥーンが伝えた気持ちがドラマでもよく伝わることを願う」と<明日>を待っている人達にヒントを送ってきた。

映画監督の初ドラマ
<MR.ZOO:消えたVIP><再審><もう一つの約束>を演出し、<白頭山><容疑者X>の脚本を書いたキム・テユン監督。 彼は「2時間より長いストーリーを扱ってみたいという熱望があったので、ドラマ『明日』の演出提案を受け、何の悩みもなく」受諾したという。 「何より原作の世界観にひかれた。 自殺予定者を救う死神だなんて、非常に斬新な素材だという気がし、感情線を扱う原作者の腕前も尋常ではなかった」。 キム・テユン監督と息を合わせるパートナーとしてドラマ『カイロス~運命を変える1分』『チェックメイト!〜正義の番人〜』『マウス』を演出したソン・チウク監督が共同演出する。 キム・テユン監督が全体的なストーリーを見ながら、繊細な感情表現が行われるシーンを担当すれば、ソン・チウク監督がCGやアクションなど技術的な効果に集中した場面を担当するという。 それぞれ前作で培ってきた得意分野を<明日>で発揮しシナジー効果を図っている。

あの世のオフィス
「走馬灯」<明日>のあの世は、火炎が燃えたぎり怪物がうじゃうじゃいる地獄と距離を置く。 その代わり、このドラマは玉皇上帝の会長を筆頭にした企業「走馬灯」を背景に、死んでも働く人物たちのミッションを追う。 彼らが死んでまで働く理由は簡単だ。 100年勤続するとゴールドスプーンで転生できる福祉の恩恵があるという。 このように走馬灯は「現実世界と遠く離れているところでも、近すぎるところでもない」(キム・テユン)会社だ。 「そこも結局(死んだ人たちだが)人が住む場所だし、生きていた人たちが作った空間だから、もしかしたら今こことよく似ているんじゃないか」(ソン・チウク)「ジュンウンが走馬灯で働く過程が序盤のセッティングの最も重要なポイントなので演出に力を入れた」(キム・テユン)という2人の監督はこのような質問を交わしながら「CGいっぱいの神秘的なあの世ではなく、慣れた風景にちょっとした独特さを満たして残りの楽しみを与える」(キム・テユン)という。

痛みを羅列しない
主人公らが属する危機管理チームの業務は、「自殺危険群特別管理」。 あの世の人口密度を下げるために、死にたがる人々を生きたくさせるのが彼らの役目だ。 原作には校内暴力の被害者、拒食症の患者、性的少数者、参戦勇兵や日本軍「慰安婦」の被害者など多様なキャラクターたちが希望を失って生きていた時に死を思い浮かべるものが描かれている。 「韓国社会が直面する問題をこうも解決できるんだと思って欲が出る作品だった」というキム・テユン監督の言葉のように、原作『明日』には「崖っぷちに立たされた人物がどれほど苦労して耐えてきたか、耐えているかが淡々と描かれている」(ソン・チウク)。 2人の演出者は、人物が陥った困難を刺激的に描かないため、かなり苦慮したという。 「人物のつらさを視聴者が間接的に経験できるようにすべきだったが、非常に慎重に接近するしかなかった。 ドラマ『明日』の面白さは痛みを羅列することになく、痛みを癒してくれる危機管理チームの活躍にあるという判断の下、展開上必要な表現に臨んだ」(キム・テユン)「しかし、それによって物語の本質を曇らさないために努力した。 あなたたちが大変なのはあなたたちのせいではない。 その気持ちを伝えるのに集中した」(ソン・チウク)。

ソン・チウク監督
彼らに<明日>を。
2017年5月からウェブトゥーンの連載を続けてきた原作者のラマ作家は、昨年2月、シーズン1を締めくくる後記にまじめなふきだしを浮かべた。 「『明日』の作家は私であるにもかかわらず、作品に私が叱られたり、一人で反省もするようになったんです。 なぜか考えたことがあるんですが、たぶん… 軽くてはいけない作品だからだと思う」彼は大学生の時、アパートで誰かの墜落を目撃し、時間が経ってから死を選んだ人の事情を聞いたという。 その合い間に感じた様々な感情は、自らに対する恥ずかしさであり、離れた人に対する理解と憐憫につながり、「明日」を構想するようになった。 危機管理チームが特別な能力を発揮して崖っぷちに立たされた人物を救うが、それより重要なのは危機管理チームを通じて彼らに伝わる我々の温かい心と共感のメッセージだ。 ソン・チウク監督の言葉はウェブトゥーン『明日』を愛した読者の心情を表している。 各エピソードが自分の経験を回想しながら残した長い感想でコメントを飾る「明日」は、2022年現在連載中だ。

原作者も驚いたキャスティング
秘密の過去はさておき、カリスマでチームを率いる危機管理チーム長のク・リョン役は俳優キム・ヒソンが演じる。 キム・テユン監督は「勇気に拍手を送りたいほど大きな変身を遂げた」とリョンになったキム・ヒソンへの期待感を高めた。 「原作者のラマ作家も彼女を見て驚き満足しているほど」と。 ロウンは現実就活生からあの世の新入社員になったチェ・ジュンウンに扮する。 「ジュンウン特有の活気とふてぶてしさ、人間味を見せられる俳優」(キム・テユン)を選んだという。 ソン・チウク監督はまた、別の危機管理チームメンバーであるジュンギル役のイ・スヒョク、リュング役のユン・ジオンもキム・ヒソンとロウンに劣らず「ウェブトゥーンから飛び出したような驚くべきシンクロ率を見せてくれる」と自負した。 「そしてドラマのもう一人の主人公は、危機管理チームが助けようと努力するエピソード別の主人公たちだ。 このキャスティングには力を入れた。 快く特別出演を承諾してくれた俳優から、まだあまり知られていない隠れた才能の俳優までお見せする予定なので、期待してもいい」(ソン・チウク)。

リーナーママ様 07.11

「社内お見合い」パク・ソンホ監督~cine21 あなたの2022視聴リスト



かにどこかで見たようなドラマのようですが。
ライジングスターさん達の演技に期待!
日本でも2月からNETFLIXで配信されますね!
そのNETFLIXによれば、
総視聴回数3億2,000万回を誇る、世界的に有名な同名ウェブ小説とウェブトゥーンに基づくオフィスラブ
ドラマ「社内お見合い」
とありますよ~♪
予告編みたら面白そう~♪


SBSティーザー予告編

「社内お見合い」パク・ソンホ監督:知っている味をより美味しく
製作クロスピクチャーズ
監督パク・ソンホ
脚本ハン・ソルヒ、ホン・ボヒ
出演アン・ヒョソプ、キム・セジョン、 キム・ミンギュ、ソル・インア。
チャンネルSBS
放送予定2月

見どころ
<社内お見合い>の鍵は古典的でありながらトレンディなカップルに扮した二人の主人公が握っている。 ドラマ<三十ですけど、十七です><アビス><浪漫ドクターキム・サブ2><ホンチョンギ>で主演を務めたシン・ヘソン、パク・ボヨン、イ・ソンギョン、キム・ユジョンと次々と共演した俳優アン・ヒョソプ。 アイドル歌手としてスタートし、『学校2017』から『驚異的な噂』まで多彩なキャラクターで領域を広げている俳優キム・セジョン。 騙し騙される関係を超えて恋に落ちる彼らの「ケミストリー」の変遷が見どころだ。

「何でも得意です。」こんな言葉を平気で言う男性主人公は財閥グループ3世の後継者だ。 その自信は嫌々行ったお見合いの場で会った女性と結婚すれば、これ以上は家で結婚を急き立てられることもなく、時間の無駄もないという計算につながる。 傲慢に判断するのは女性主人公。 友達の頼みでお見合いに臨んだ彼女は、今すぐ結婚する考えは微塵もない。 しかも女は男が社長である会社の職員だ。 正体を隠して男を追い出さなければならないのに、それとなく女を気に入ったような男のまなざしを拒否することは容易ではない。 2月に放送予定の「社内お見合い」は、知る人ぞ知るという言葉にうなずける。 同名のウェブ小説をウェブトゥーンとドラマに発展させることができた動力は、クリシェに忠実でありながらも可愛く溌剌とした展開。 彼はドラマ『怪しいパートナー』『脂っこいロマンス』を作ったプロデューサーで、「気分のいい」ロマンチックコメディの領域を守り続けている。

-ウェブ小説とウェブトゥーン<社内お見合い>の第一印象はどうだったか。
=とても良い作画をベースにした、キュートではつらつとしたオフィス背景のロマンチックコメディという印象を受けた。 いつでも気楽に楽しく見ることができる作品で、頭を痛めずに軽くストレスを解消できる話だと思った。 この作品を好むファンや大衆も、私と似たような考えをしたのだろう。

- ドラマの脚本は「ぶっとび!ヨンエさん」「ハイキック!短足の逆襲」などシチュエーションコメディの執筆を主に手がけてきたハン・ソルヒ、ホン・ボヒ作家が執筆した。 --ドラマ『社内お見合い』はどんなトーンで脚色されたか。
=もう少し大衆的で現実的な物語を持とうとした。 ウェブ小説、ウェブトゥーンとドラマは、消費されるプラットフォームとそのプラットフォームを消費するターゲット層が違うため、もっとドラマ文法に忠実になろうとした。 幸い、2人の作家がシチュエーションコメディの執筆経歴が長く、「面白い設定」を過度にしないよう、うまく活かしてくれたようだ。 もちろんコミックなタッチのロマンスに終わらないように、人物により現実的なキャラクター性を与えるために努力した部分もある。 視聴者が主要キャラクターにリアルに没頭するために悩んだ余地があると考えればいいだろう。

-原作者のヘファ作家と映像化に関する特別な話はあるか。
=作家から特別なリクエストはなかった。 おそらくドラマにおける演出の境界を尊重するからではないだろうか。 作品に必要なアニメーションのCGの作画をお願いしたが、作家さんに喜んで手伝っていただいて感謝している。

- ヘファ作家は一昨年、<シネ21>とのインタビューで「どうかテムの外見だけでなく性格まで魅力的に演技してくれるハンサムな俳優がキャスティングされることを願っている」と話している。 原作ファンもキャスティングに大きな関心を見せている。 テム役にアン・ヒョソプ、ハリ役にキム・セジョンを指名した理由を挙げてみたい。
= 二人の俳優の持つ良い姿勢とマインド、キャラクターに対する理解度と誠実さが良かった。 ライジング中の俳優たちをもう少し注目してもらいたいという演出者としての欲もあった。 そして、二人ともきれいでかわいい!

-序盤のエピソードは、ハリがテムに正体を隠し、テムが着飾ったハリに気づかずに展開する。 キム・セジョンさんが2人のキャラクターを行き来するわけだが、テムがその違いに気づかないという設定を説得するのがカギだったようだ。
=演出しながら一番難しいポイントだった。 キム・セジョンさんがハリとハリのサブキャラとも言えるクムヒを行き来するため、演技のトーンが微妙に違わなければならなかったし、魅力的なロマンチックコメディーの主人公の基本を満たしながらもスタイリングに変奏を与えなければならなかった。 私も俳優も悩みが多かった。 ネタバレになることもありうるので詳しい話はできないが、ハリが本体キャラで会社生活をしながらテムと繰り広げる様々なエピソードがドラマに溶け込み、テムとハリの関係に変化が生じるようにした。

- テムはハリとクムヒを他人と認識するなど、やや見栄っ張りのように見えるが、何でもできる完璧な男として描かれている。 初めて会った女性と結婚を決心して直進する姿もマンガ的だが、キャラクターが大ブレずに劇の中心をつかめるように気を使った地点もあるだろう。
=ハリとの関係が進展するにつれ、テムの演技のトーンが少しずつ変わる方式でキャラクターの感情線を掴もうとした。 撮影を進めながら、アン・ヒョソプ俳優とそのような部分について多くの話を交わし、シーンの中で演技のディテールを生かそうとした。 ストーリーが全体的に漫画的なので、俳優が負担を感じず、テンションを上げたり、うまく表現できるようにだ。 アン・ヒョソプさんだけでなく、他の全ての俳優にも面白い状況を演技する時、一線を越したり過度にならないようにと頼んだ。

-上司と部下職員、それも階級差の大きい社長と末端社員が恋に落ちるという設定は、韓国ドラマのクリシェ(ありふれた演出)でもある。 2022年のドラマ「社内お見合い」の持つ差別化ポイントがあるとしたら。
= <怪しいパートナー><油っこいロマンス><社内お見合い>まで3作品連続でロマンチックコメディを演じながら、常にクリシェという見えない敵と戦ってきた。 ジャンルの中のクリシェを巧みに皮肉ることに関心が多かったが、今は多くの作品をそうすると差別化の妙味を見出せない時もある。 そのため、演出者としての限界を感じ、絶えず自己批判をしたりもする。 たまには「クリシェがドラマ展開において悪いことなのか?」という自己合理化もしてみたりもする。 結局、「社内お見合い」を演出し、二つの路線を念頭に置いた。 「知っている味が美味しいい」という言葉のように、予想可能な状況は直接的に見せるものの「ねじれるものはねじろう」と。 視聴者が「この作品を見ていると、妙に違うな」と感じることができるだろう。 特に、主要キャラクターたちの関係性からこのような地点を大きく感じることができると期待する。

エクスビアンス AR アイ・コントアー

「私たちのブルース」キム・ギュテ監督~cine21 あなたの2022視聴リスト



わ~!テ~バッ!この豪華キャスティングで20部作らしいですけど。
ノ・ヒギョン作家さん、これまでとは少し違う作風らしいですけど。
「淡々とした平壌冷麺」ってどんな味?←とっても淡泊な味だそうです!
いずれにせよ監督のインタビュー読んだだけですでに心拍数が上がっております😍

コレコレ!
40歳前半のよろず屋のトラック商人に扮したイ・ビョンホンの変身、骨の髄まで済州の人を演じるキム・ウビンが見せる純情、初めて子育てをする母親役のシン・ミナ、しっかりした海女のように見えるが、実は隠された事情のあるハン・ジミン、イ・ジョンウンとチャ・スンウォンのロマンス・・・
この部分を読んだら早く見たくなりました!イ・ジョンウンさんとチャ・スンウォンさんのロマンスって(笑)そしてノ・ヒギョン作品には欠かせないキム・ヘジャさん、コ・ドゥシムさんも出演されるんですね!ロケ地もチェジュ島だし。コロナ収まったら、是が非でも行きたい場所ですわ^^皆さんチェジュ島の方言使うんでしょうかね。それも楽しみ~♪
(ところで日本はいつどこで見れるんでしょう・・・😎)


「私たちのブルース」キム・ギュテ監督:心と心をつなぐノ・ヒギョンスタイルの変奏

製作 ジーティスト
企画 スタジオドラゴン
監督 キム・ギュテ
脚本:ノ・ヒギョン
出演:イ・ビョンホン、シン・ミナ、チャ・スンウォン、 イ・ジョンウン、ハン・ジミン、 キム・ウビン、オム・ジョンファ
チャンネル:tvN
公開予定:上半期

見どころ:
「作家のノ・ヒギョンさんが常に抱いている、すべての人生を応援し、私たちは幸せになる価値があるというテーマ意識を、少し違う形式と、より明るいトーンで表現するドラマだ。 そのため、大衆がより気楽に見ることができるだろう。 性比もそうだし、多様な年齢層が登場する普通の人々の話なので、より共感が高いと思う。 非常に普遍的な情緒を扱っており、グローバルな共感も得られるのではないかと期待している」(キム・ギュテ監督)。
『私たちのブルース』は、イ・ビョンホン、シン・ミナ、チャ・スンウォン、イ・ジョンウン、ハン・ジミン、キム・ウビン、オム・ジョンファ、キム・ヘジャ、コ・ドゥシムなどが主演するドラマだ。 彼らが一堂に会したキャスティングなら、きっと規模の大きなブロックバスターだろうという期待とは裏腹に、済州島の五日市を背景に平凡な人々の生活を描く。 この組み合わせが可能だったのは『私たちのブルース』がノ・ヒギョン作家の新作だったからである。 『パダムパダム…彼と彼女の心拍音』『その冬、風が吹く』『大丈夫、愛だ』『ライブ』に続き、今回もノ・ヒギョン作家とコラボレーションするキム・ギュテ監督(『このろくでなしの愛』『アイリス』『麗〜花萌ゆる8人の皇子たち〜』演出)に出会い、今作のストーリーを聞いた。

-もともとは、国際非営利民間団体NGOの話を扱った<here>を一緒に制作しようとしたが、海外ロケが難しくなり、延期されたと聞いている。

=<ヒーロー>と関連した席でイ・ビョンホンさんがとても残念だと言って「作家さん、他の作品はありませんか?」と話を切り出した。作家のノ・ヒギョンさんは、「脚本を早く書くタイプでもないし、これまで『here』の台本を書くため体力的にも大変だ」とし、「しばらく休みを取りたい」と話した。 そうするうちに、その日の席の最後に7部作から8部作分量の短い話はやってみたいと言って別れたが、それが<私たちのブルース>の始まりになった。 最初は集中度の高い話を盛り込める映画的な呼吸を考えたが、ことがどんどん大きくなったのだ。 他の新人作家たちと協業し、全20話で作業した。

-作家からもらったシノプシスと台本はどうだったか。
= ノ・ヒギョン作家は大きな事件や特定の設定から世界観を構築しない。 人物の心、そして心を通じて伝えるテーマ意識から企画を始める。 初期の作品から『私たちのブルース』まで、こういうやり方で作業してきた。 最初はあまりにも小さいことから話が始まるのではないかと思ったが、結局大きな話になった。 「本当にすごい作家だ。 今日のインタビューを控え、作家が最初にシノプシスに企画意図をどのように書かれたのか確認してみたが、その内容がそのまま今台本に入っている。 ある意味では計算が徹底している。 本人の考えるストーリーが正確だから本質から始めて、散らばることなく進めることができるようだ。

--そのように本質から台本を拡張するノ・ヒギョン作家と作業を続けているか。 なぜ相性がいいのか。
=作品をする度にその質問を本当にたくさん受ける。 以前はお互いが違っていていいと思う、と答えた。 作家と私の目指すドラマの表現方法が少し違うので、お互いにその違いを認めて尊重し、足りない部分は頼りながらより大きなシナジー効果が出るようだと。 でも、一緒に作業をしながら 私がだんだん作家さんに似ていってる気がする。 (笑)似ていく、というよりは「学んでいく」という表現が正しいかな。 <私たちのブルース>は前作より私が作家さんのドラマをもっと正確に理解しながら撮っている作品ではないかと思う。

-主人公が14人だ。 そして、彼らの関係が少しずつ絡まっていくオムニバス構成のドラマだ。 韓国ドラマではほとんど試みられない構成だったので、ストーリーをハンドリングするのは容易ではなかっただろう。
=作家さんが作ったとても独特なドラマ形式が面白そうだと支持を送ったが、実際に台本が出たら簡単ではない作業だと分かった。 オムニバスというが、従来のオムニバス構造とは異なるフォーマットだ。 たとえば、あるエピソードで主・助演を引き受けた俳優たちは、自分が主人公のエピソードに進むためのベースを持っている。 しかし、作家さん自ら新しい形式の文章を書くのに頭が痛いが同時に本当に面白いと言い、演出する立場からもそうだった。 一般的なミニシリーズの場合、1~4部まである枠組みを掴めばそれ以降は序盤の力で最後まで行けるコンディションが確保されるが、今作は毎回ステージが変わって8本の映画を撮るようだ。 新しいキャラクターを再び調整し、エピソードごとにトーンやテーマが変わってくるので、ドラマ第1話を毎回撮っているような気分と言えばいいのか(笑)。ところで、作家さんが本当に絶妙に連結性を構成し、毎回ドラマ的な面白さの要素まで生かして、とても面白い作業になっている。

-では14人の主人公で8つのストーリーを作るのか。
= 済州島五日市の人々が家族または隣人関係で結ばれているが、ある人物は二つのストーリーを持っている。 キャラクターごとにドラマに出てくる話も違うだろう。

-全般的に俳優たちの新しい顔を見ることができる作品のようで期待が大きい。 40歳前半のよろず屋のトラック商人に扮したイ・ビョンホンの変身、骨の髄まで済州の人を演じるキム・ウビンが見せる純情、初めて子育てをする母親役のシン・ミナ、しっかりした海女のように見えるが、実は隠された事情のあるハン・ジミン、イ・ジョンウンとチャ・スンウォンのロマンスまで…。
=作家さんも常に俳優の新しい姿を強調したり誘導したりする。 俳優たちも、本人がこれまでやらなかったキャラクターなので、楽しく挑戦している。 そして最初はアンバランスで、うまく描けなかった部分も絶妙にぴったり合う。 それがドラマを見る最大の楽しみになりそうだ。 そして、その主演俳優たちが一つのフレームに入るシーンがある。 そのような場面を見てみると、画面がぎっしり詰まっていて すごく面白い。

-公開されたキャスティングの他に、どんな俳優たちが14人の主人公に含まれるのか気になる。
=キム・ヘジャ先生はイ・ビョンホンさんが演じるドンソクの母、オクドンを演じる。 コ・ドゥシム先生は海女出身で、五日市で海産物を売るチュニとして登場する。 ノ・ユンソとベ・ヒョンソンが高校生カップルに扮し、彼らの父親はパク・ジファンとチェ・ヨンジュンさんが演技するが、二人は幼い頃から友達だったが、最近あることで関係がこじれた。 そして、コ・ドゥシム先生の孫娘役で子役俳優のキ・ソユが出てくる。

-他の作品でワントップ主演ができる俳優たちが一つのドラマで一つになったという点は感動的だ。
=みんな俳優として真正性があって良い作品、いつまでも人々の心の中に残れる作品をしたいという熱望があるようだ。 また、一度共演した俳優たちが作家と一緒に作業をしたがったり、今回初めて会う俳優もいる。 俳優たちと会話をしてみると、<私たちのブルース>は台詞の呼吸とニュアンスを理解するのがとても難しいが、演技する気がするという。 今回の作業が初心に戻って何かを成就させてくれてヒーリングになる時間だったと表現する俳優もいた。 俳優たちのように、私も作家のシナリオを見る時、緊張感と恐怖がある。 こんなに良いシナリオを演出することが容易ではないということを知っているから。 うまくやって当たり前だ. (笑)でも、それがまた面白い。

ーそんなに難しい台本を続けて演出する理由は何だと思うか。
= (笑) うまくいくから! 実は、ノ・ヒギョン作家が私を食べさせてくれている。 (笑)本当に難しいが、その作業をしていく過程で妙な中毒性がある。 私はノ・ヒギョン作家と共にしながら監督として成長し、ドラマの本質は心を考えることだということを学んだ。 「私が若くてエネルギーがあふれた時は、これがどういう意味なのか分からなかったが、一緒にいる時間が増えるにつれ、今は作家がつける「,」や「・・・」、ト書きに対する理解が少しずつできてきたようだ。 それを代弁して、現場で俳優たちと一緒に呼吸をし、そこに俳優と演出者の個性がもっと役立つところを探していく。 もちろん後者は非常に慎重な過程ではあるが、作家さんはシナリオを正確に解釈する際の表現は俳優と演出の役割だと認めてくださる方だ。

-ほとんどの撮影を済州島で行っているが。 演出者としては、済州島はどんな空間なのか。
=70%程度を済州島で撮っている。 海女に設定したことを機に、このように大きくなってしまった。 (笑)済州島の風が強くて撮影に支障があり、海女たちの姿をカメラに収めるのはとても難しい作業である上、スタッフたちも「これからはソウルの濁った空気に当たりたい! ソウルのネオンサインが見たい」と、一種のホームシックを訴えているが、ここが本当に多様な感覚を持っているということも分かった。 一般的に済州島をヒーリングする休養地として考えられ、ここに長くいると当たり前のようにそんなにきれいに見えない空間も目に入った。 一見粗野で荒れた日常から内面の暖かさを感じられる場所だ。 <私たちのブルース>が持っている色とも似ているようだ。

‐主人公たちの事情がずっしりと詰まっている --どのようなトーンで接近しているか。
= ノ・ヒギョン作家の作品はいつも濃く重くて辛い。 そして少し曲がっていて鋭い人物が出てくる。 ところで今回の作品には明るく暖かいタッチが施されている。 笑いながら悲しむことができる絶妙なバランスがあるのだ。 キャラクターたちもとても愛らしい。 それで既存のノ・ヒギョン作家の作品よりもっと気楽に見ることができるだろう。 けれどもその根幹はとても胸にじんとくる。言い換えれば、母、父、娘、息子、兄弟、友人、隣人、同僚のことを考えると浮かぶ様々な感じがそのまま人物関係に入るだろう。

- 平凡な人々の話を扱うだけに、全般的な演出スタイルをどのようにとらえるべきか悩みが多かっただろう。
=最近のドラマがチャンネルが回らないようにストーリーテリングや演出において何らかの刺激性を追求しているが、<私たちのブルース>は淡々とした平壌冷麺のようだ。 演出の力を抜いて、既存のドラマとは少し違うリズムの呼吸を追求している。 即座の刺激度は落ちかねないが、穏やかに積まれた話は結局、大きく膨らむことになる。 作家の脚本をゆっくりと追っていくと、大きな感動を与えることができるよう、とてもクラシックに演出している。 観客の目を引くために、新しいスタイルを強要する作品もあり、私も映像美を追求する過程で形式に非常に重点を置いたことがある。 ところで『私たちのブルース』は、人物の心という本質に忠実なドラマだ。 人物の心は演出で押しつけるものではない。 心はすぐ前ではなく、横や少し後ろで見ると楽に見える。

バブアー ツーリング コート ワックスド コットン MWX1359

「ムービング」パク·インジェ監督~cine21 あなたの2022視聴リスト



ムム。このドラマみたいなあ~
検索しようとするといきなり「ディズニープラス」のHPに飛んでいき
なんか加入の圧がすごいんですけど・・・😆
NETFLIXさ、こういうの持ってきてほしいのよね。
韓国ではJTBCでの同時放映も検討中らしいけど。。。

あ、コ・ユンジョンちゃんメインキャストなんですね。
ますます見たいわ😍



「ムービング」パク·インジェ監督:カンプル·ユニバースリブート

制作 スタジオアンドニュー
共同制作 ミスターロマンス
監督 パク・インジェ
脚本 カンプル
出演:リュ・スンリョン、ハン・ヒョジュ、チョ・インソン、イ・ジョンハ、コ・ユンジョン、キム・ドフン
チャンネル:ディズニー+
公開予定:下半期

見どころ:
カンプル作家が創作した<ムービング>の象徴的なイメージがある。 まさに黄色いレインコートを着て走るヒスの姿、幼いポンソクを抱いて体が浮くミヒョンの姿のようなものだ。 パク・インジェ監督は原作のシーンがどのように映像で具現化されるのか見守ってほしいと言う。 ヒスが17対1で戦う場面、ジュウォンの暗い過去はどんな姿だったのかなどを想像しながら見れば面白いだろう。

カンプル作家のアクション漫画『ムービング』がシリーズ化を発表した時、この時代が望む物語とビジュアルの組み合わせを見ることができるという期待感が大きかった。 スーパーヒーロー映画にありそうな設定と素材を持ち、韓国現代史の傷を癒す<ムービング>は、社会の痛みをこんなに楽しく抱きしめる話を扱った作品があっただろうかと思うほど独創的な世界観を持っている。 演出を担当したパク・インジェ監督は「ウェブトゥーンではなく、まだ完成していないシナリオバージョン」を最初に見たが、彼が作った映画『裏切りの陰謀(モビーディック)』『特別市民』やネットフリックスシリーズ『キングダム』シーズン2などでは感じられなかった「温かさや家族愛のようなテーマ」を感じた。 「現実に踏み込んで超能力というジャンルに乗っかって進む作品」の底辺に「成長と家族愛、そして愛という基調」が流れている作品だったので喜んで演出を担当したという。

韓国ドラマ『ムービング』のストーリーの中心には、ボンソクとヒスの二人がいる。 幼い頃から空中に飛び上がる能力を持つようになったボンソクが通う学校に、ある日ヒスが転校してくる。 偶然な事故で自己紹介をするようになった2人はそれぞれ言えない秘密を持っているが、よりによってお互いにそれがばれてしまい、話が始まる。 肥満体質なのに、心を隠すことができず、そうなればなるほど体が天に突き上がるボンソクと表には露わさないが、めちゃくちゃに力の強いヒスとの運命的な出会いは、とんでもない彼らの家族史、過去史と関連があることが徐々に明らかになってくる。 韓国のごくありふれた高校だと思っていたが、ある種の事情のある先生が通っていて、また知ることのできない組織の監視と攻撃が行われていることが徐々に明らかになると、読者の目の前には、ボンソクとヒスの親世代が歩んできた人生史と秘密が繰り広げられる。 新人俳優のイ・ジョンハ、コ・ユンジョン、キム・ドフン俳優が幼い世代の代表キャラクターであるボンソク、ヒス、カンフンをそれぞれ演じながら、チョ·・インソン、ハン・ヒョジュがボンソクの両親のドゥシクとミヒョンを、リュ・スンリョンがヒスの父親でありドゥシクの後輩として活躍する。

パク・インジェ監督は「イ・ジョンハさんが持っている純粋さと暖かさ。 コ・ユンジョンさんが持っているシックさ。 キム・ドフンさんが持っている真剣さと暗い魅力」がキャラクターと似合うと思った。 特に、ボンソクは原作では肥満体質だと描写されているが、パク・インジェ監督によると、「イ・ジョンハさんは体重を増やすため、プレプロダクション段階から最大限ボンソクというビジュアルを作るために努力した」という。 奇妙な能力を持った子どもたちをはじめ、親世代のキャラクターを演じる俳優たちの活躍も注目される。 まず、アクション演技では『安市成』での武術演技、『卑劣な街』でのごろつき演技を見せてくれたのが全てのチョ・インソンの新しい姿が期待される。 ドラマ『トレッドストーン(米ドラマ)』と『海賊:トッケビの旗』を通じて本格的なアクション演技を披露しているハン・ヒョジュのペーソスいっぱいのアクションが見られるのではないかという期待も抱かせる。 リュ・スンリョンは早くもヨン・サンホ監督の『念力』で類似したキャラクターの活躍を見せてくれた。 現実に足を踏み入れた能力者たちの姿を真剣に見せることができそうだ。 「現実的な状況で超能力を自然に実現する方法」について悩んでいるパク・インジェ監督はまた、「ドゥシクとミヒョンの愛、ドゥシクとチュウォンの義理、そして親として最後に見せるミヒョンとチュウォンの姿」のように、エピソードごとに中心を変えながら見せる「俳優たちのコンビネーションを見る楽しみが<ムービング>の魅力」と強調する。
ウェブトゥーン原作の流れの通りであれば、展開上3幕にわたって局面が転換するストーリーの流れだが、パク・インジェ監督はこれを映像に移しながら原作の流れを追うが、「原作では見せることができなかった裏話や状況をさらに細かく展開していく予定」という。

原作にない新しいキャラクターも登場する。 電気を起こす「チョン・ゲド」役はチャ・テヒョンが、「フランク」という未知のキャラクターはリュ・スンボムが演じるが、<ムービング>の世界観を広げる人物、すなわち「カンプルユニバース」で重要な架け橋の役割をする人物だという。 まだ、これと関連したいかなる内容も公開されていないが、類推してみるとカンプル作家の作品の中で<ムービング>と世界観を共有するもう一人の能力者を素材とした作品<タイミング>も映像化されれば、世界を広げながら新しいシリーズになる可能性もある。 <ムービング>はこれから繰り広げられる巨大なカンプルユニバースのスタート地点になるかもしれない。

現在<ムービング>は昨年8月23日にクランクインし、2チームに分けて同時撮影を行っている。 1月初め現在は半分ほど撮影が進められた状態だ。 通常、ドラマ撮影の場合には放映スケジュールに合わせて進行しなければならない場合が多いので、撮影後半にはチームをA、Bなど複数のユニットに分けて同時撮影を行うことがある。 <ムービング>は、プレプロダクション段階から、すでに二つのチームに分けて撮影する方法で現場を構成した。 Bチームは『特別市民』シーズン2の助監督だったパク・ユンソ監督が担当して撮影している。

カンプル作家が作り出した<ムービング>の超能力を持った人物は平凡な庶民たちだ。 彼らは政府に引きずられて利用され、その魔手から決して抜け出すことができない。 しかし、妥協したり曲げたりせず、自分たちの過ちを次の世代に転嫁しないように努力する人物だ。 パク・インジェ監督の前作を振り返ってみると、<裏切りの街><特別市民>をはじめ<キングダム>シーズン2まで全て権力をめぐる人々の話だった。 彼が世界を眺める見方とカンプル作家の「ユニバース」が出会ってシナジー効果を起こすことができるだろうか。 「私が作った作品も、システムの中に閉じ込められた人物が状況を克服していくストーリー展開をしていた。 『ムービング』の主人公たちの成長と愛の悟りがそのすべてを乗り越えるという考えを持って作っている」というパク・インジェ監督の期待のように、『ムービング』が傷ついた人々の人生を癒す作品になることを願う。