frigorent.cl,/miscellanea484733.html,レディース , ジャケット , アウター , ライダースジャケット,1000円,ライダースジャケット 1000円 ライダースジャケット レディース ジャケット アウター ライダースジャケット ライダースジャケット パーティを彩るご馳走や ライダースジャケット パーティを彩るご馳走や frigorent.cl,/miscellanea484733.html,レディース , ジャケット , アウター , ライダースジャケット,1000円,ライダースジャケット 1000円 ライダースジャケット レディース ジャケット アウター ライダースジャケット

ライダースジャケット 最愛 パーティを彩るご馳走や

ライダースジャケット

1000円

ライダースジャケット

商品の状態新品、未使用
商品のサイズFREE SIZE
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法ゆうゆうメルカリ便
発送元の地域香川県
発送までの日数4~7日で発送

ピンクベージュ 未使用です^o^ これからの季節ぴったりのお色と生地感です^o^

ライダースジャケット

EXILE【2009年 フォトスタンドカレンダー】

「2021年9月 共有プリンターに接続できなくなった(エラー0x0000011b)【10月追記あり】」の続きです。

2021年9月から定期的に発生しておりました共有プリンターが使えなくなる不具合(?)ですが解決いたしましたので、改めてこちらで報告しておきたいと思います。
下記手順でWindowsの更新をアンインストールすることも、止めることもなくプリンターが共有できるようになりました。

上記記事のコメント欄でスバル様から情報です。

『レジストリRpcAuthnLevelPrivacyEnabledの設定のほかにサーバ側のPCにWindows 機能の有効化または無効化内の「SMB1.0/CIFSファイル共有のサポート」にチェックを入れ有効化したところ無事共有プリントができるようになりました。』
とのことです。

家のPC(どちらもWindowsの更新はその都度インストール済み)で試してみました。
家のPCは共有プリンターにしていなかったため、今回初めて共有プリンターの設定をしました。
なにも触らない状態ではやはり「エラー0x0000011b」でインストールできませんでした。

そこで、スバル様のコメントにかかれていたことを確認してみました。
ちなみに設定はサーバー側だけで、クライアント側は何も触らなくても接続できました。

①Windows 機能の有効化または無効化内の「SMB1.0/CIFSファイル共有のサポート」にチェックを入れ有効化
コントロールパネルの「プログラムと機能」→「プログラムのアンインストールまたは変更」の左側「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリック


「SMB1.0/CIFSファイル共有のサポート」全部にチェックを入れます。

その後再起動の表示が出た場合は再起動してください。
私のPCで確認したところ、初期値(?)では「SMB1.0/CIFSサーバー」にチェックが入っていませんでしたので、これにもチェックを入れました。

②レジストリRpcAuthnLevelPrivacyEnabledの設定
以前の記事と重複しますが、もう一度手順を画像付きで説明しておきます。

「ここに入力して検索」欄(①)にと入力して、レジストリエディタを起動します(②)。


「HKEY_LOCAL_MACHINE」 → 「SYSTEM」 → 「CurrentControlSet」 → 「Control」 → 「Print」
と順番に開いていきます。
「Print」の階層で、右画面のなにもないところで右クリックし、「新規」 → 「DWORD(32ビット)値」を選択します。


「新しい値#1」が追加されるので、「」と名前を変更します。


「RpcAuthnLevelPrivacyEnabled」を右クリックして、「修正」をクリックします。


「値のデータ」に「0」を入力する、もしくは「0」になっていることを確認して、「OK」をクリックします。


もしこれでつながらない場合は、再起動してみてください。

これでようやくWindowsの更新ができていない不安から解消されました!
スバル様、有益な情報をいただき本当にありがとうございました。

まだ今も前述の記事にアクセスしてくださっている方も多いようですので、ごちゃごちゃと追記していくより、新たな記事にしてしまう方が見やすいかと思い、あらためてこの件を共有させていただきました。

妖怪ベンチ(福崎町)

先日兵庫県福崎町の「妖怪ベンチ」めぐりをしてきました。
福崎町は民族学者・柳田國男の出身地で、近年、河童(かっぱ)をはじめとする妖怪をテーマにした町おこしも盛んです。

町内には、河童を始めとする怖ろしげな…いえいえ、一緒に記念撮影したくなるような妖怪がたくさんいます。
妖怪さんたちは観光に来てくれた方々との記念撮影をしたいのか、ベンチを用意して待ってくれていますよ(*^_^*)
2021年1月末現在、妖怪ベンチは19基あり、今回はそのうちの12基の写真を撮ってきましたので、ベンチ以外の妖怪さんたちとともに紹介したいと思います。

あ、その前に…、今回の写真はちょっと怖い妖怪の写真もあるかもしれません。
それぞれの写真をクリックすると一部を除き単体で大きく見れるようになっていますが、苦手な方はクリックせずこのまま進まれることをおすすめします。

まずは「辻川山公園」。
ここは池の中から河童が出てきたり、天狗が小屋から飛び出してきます。
小さい子どもたちの中には泣く子もいるかも……。
またここには「全国妖怪造形コンテスト」の一般部門において最優秀作品賞に輝いた作品を大型FRP像として設置されています。

(左)コンテスト作品名「天狗の森の妖翁」:鋭く光る碧い目で辻川山公園を見張っている「天狗」。
(中)コンテスト作品名「森に吹く風」:山に宿る神「山の神」。子河童が駆け寄ってきています。
(右)河童の河太郎(ガタロウ):福崎町出身の民俗学者・柳田國男が幼い頃を過ごした福崎町辻川での暮らしぶりなど、自身の人生を回顧して書いた著書『故郷七十年』に登場する、市川の駒ヶ岩の河童のガタロがモチーフになっています。
河童の兄弟の兄。お皿が乾き動けなくなり、池のほとりで固まっています。
手に持っているのは尻子玉。人間のお尻の穴から河童が抜き取る架空の臓器で、これを抜き取られた人間は腑抜けになるとか。


(左)コンテスト作品名「招き鵺」:顔はサル、胴体はタヌキ、手足はトラ、尾はヘビという「鵺(ぬえ)」。
(中)この「鵺」の口の中にはネズミがたくさん??
(右)コンテスト作品名「怪しい抜け道」:砂をバラバラと振りかけて人を脅かすという「砂かけ婆」が女子高生の背後に迫っています。


(左)コンテスト作品名「輪廻の輪」:深夜の山中で神楽の囃子をしているという「やまばやし」。
(中)河童の河次郎(ガジロウ):池がブクブクし始めると河童が出始めました。
(右)河童の河次郎(ガジロウ):9時~ 17時の毎時0分・15分・30分・45分に水中から飛び出てきます。(※6~9月は18時まで出てきます。)
カジロウさん、忙しいんですよ。
この池に出てきたあとは、大急ぎで「ひみつの地下トンネル」を通って福崎駅前の水槽の中から出てきて、皆さんを歓迎しなくてはならないんです。


↓辻川山公園の池で顔を見せたあとは「ひみつの地下トンネル」を泳いで福崎駅前にやってきて水槽から顔を出します。
ちょっと怖い……。


辻川山公園の紹介に戻ります。
↓妖怪小屋の逆さ天狗 地上3mの位置につくられた気味悪い小屋から、扉のきしむ音とともに逆さまになった天狗が飛び出してきます。
この天狗さん、バリバリの関西弁で「わしも写真撮りたい~」とか「髪の毛だんだん薄うなってきた~」とか言ってます( *´艸`)
手には大好物のもちむぎどら焼きを持っています。
もちむぎどら焼きは公園駐車場前にある「もちむぎのやかた」に売られていますよ。


妖怪さんたちを過ぎると、
(左)神崎郡歴史民俗資料館 (兵庫県指定有形文化財)
明治19年(1886)、神東・神西郡役所として建設されたものだそうです。
(中)神崎郡歴史民俗資料館 前のレトロポスト
(右)柳田國男生家(県指定重要民俗文化財)
家は間口5間、奥行き4間、土間、3畳間と4畳半の座敷、4畳半の納戸、3畳の台所といったいわゆる「田の字型」民家で日本民家の原初形態でとってもシンプルな家でした。
柳田國男氏は「私の家は日本一小さい家だ。この家の小ささという運命から、私の民俗学への志を発したといってよい」と言われたそうです。


(左上)妖怪ベンチ 油すまし
辻川観光交流センター駐車場にいます。
ん?油すましが壺から油を注いで、それが油すましの本体になって…?? じっくり考えると……どっちが先?
(右上下)妖怪ベンチ 座敷童子(もちむぎのやかた)
さっきの天狗さんが食べていた「もちむぎどら焼き」も売店に売ってます。
(左下)妖怪ベンチ 河童(辻川観光交流センター)
ベンチに座って将棋の手順を考えているのでしょうか。
一緒に座ってかっぱさんと将棋を指している記念写真を撮るのもいいですね(*^_^*)


(左)妖怪ベンチ 雪女(辻川観光交流センター)
雪女さん、なかなか妖艶です。
ベンチに座ると雪女さんが迫って来るような感じです。
ちょっかいをかけるとベンチの隣のオブジェのように氷漬けにされてしまうかも……。
氷漬けにされたい方は顔を出して記念写真を撮るのもヨシ!( *´艸`)
(右)銀の馬車道「馬車モニュメント」(辻川感交流センター)
銀の馬車道キャラクター「ハヤブ」に福崎町のキャラクターである「サキちゃん」が乗馬しています。
荷台には子河童が乗っています。
馬車の御者台に乗って写真を撮ることもできるようです。
ちなみに…「銀の馬車道」とは「かつて生野鉱山と飾磨津を結ぶ、日本で一番最初の「舗装」という概念をもって作られた道路」だそうです。
妖怪ベンチ 雪女(辻川観光交流センター)

(左上)妖怪ベンチ 海ぼうず(ミートショップ松井)
辻川観光交流センターの道を挟んだ斜め前のお店にいます。
この海ぼうずさん、サーフィンが得意なのかしら?
(右上)妖怪ベンチ 猫また(グルメミートにしおか)
美味しいお肉でももらって喜んでいるみたい( *´艸`)
(左下)妖怪ベンチ アマビエ(福崎駅駅前交流広場)
去年(2021年)年末にお目見えした妖怪さんです。
妖怪ベンチの妖怪は柳田國男が書いた本の中に出てくる妖怪のようですが、このアマビエはそれらの中には出てこない妖怪だそうです。
コロナ退散の願いを込めて設置とのこと。
コロナが収束したらぜひ福崎町のアマビエさんにも会いに行ってあげてくださいね。
(右下)妖怪ベンチ 山姥(株式会社マルフク)
ガングロのヤマンバメイク、ルーズソックスという1990年代に流行った女子高生スタイルの妖怪さん。
インパクトありすぎです!


次は私の一番のお気に入り、天狗さんの妖怪ベンチです。
スーツを着てパソコンを触っている天狗さんが座っています。
なんか…かっこいいんです。(ちょっとスーツフェチなもんで……^^;)
パソコンで何を見てるのか気になりましたので、画面をこっそり覗いてきました。
将棋の手を勉強しているようです。
このあと、前述の辻川観光交流センターにいる河童さんと将棋の勝負でもあるのでしょうか。
ちなみに…PCの画面はときどき変わっているようです。


(左)妖怪ベンチ タタミタタキ(神戸医療福祉大学)
タタミタタキさんは神戸医療福祉大学に入ってすぐのところにいます。
(右上)妖怪ベンチ フクちゃんサキちゃん(神戸医療福祉大学)
いやいや…フクちゃんサキちゃんは妖怪とちゃうやろ……とツッコミ入れてしまいそうですが……。
先程のタタミタタキさんの少し先のバス停に座ってバスを待っています。
(右下)妖怪ベンチ 袖引き小僧(常盤堂製菓(株)直販店)
顔…怖いし……(T_T)
これもアマビエさんといっしょに登場した最新作(2022年1月現在)。


以下は辻川観光交流センター内にある「妖怪ギャラリー」の画像です。
妖怪ギャラリーには柳田國男の著書に出てくる妖怪物語のワンシーンや、妖怪ベンチの原型、これまでの全国妖怪造形コンテストの入賞作品が展示されています。

コウノトリ

またまたコウノトリの画像ですみません。

先日写真を撮った池にはほぼ毎日コウノトリがやってきているようです。
昨日もカメラを持って仕事に出かけたら、道中の池と会社の裏の池のどちらにも来ていました。

道中の池では、他にもいろんな鳥が集っています。








朝のお食事中です。


こちらはアオサギとチュウサギ(たぶん)。


会社の裏の池には先日と同じペアがやってきました。
この池、気に入ってくれたのかな?




しばらくしたら飛び立って行きました。
また来てね~(*^_^*)






Tag:コウノトリ

やっと撮れた! コウノトリ



11月のある日、仕事の帰り道にお尻の方の羽の色が黒色の大きめの鳥が田んぼにいたのを見ました。
車で走りながら一瞬見ただけでしたのでその時は「サギ?」って思っただけでほとんど気にも留めませんでした。

その数日後仕事に行ったときに、事務員さんから「会社の前の田んぼにめちゃくちゃコウノトリがいた」と聞いた瞬間、その時見た鳥がコウノトリだと気が付きました。
会社の前の田んぼに20~30羽ほどいたそうです。
別の人からスマホで撮った写真を見せてもらいましたが、遠目だったため小さくしか写っていなかったのが残念でした。

その後、ひょっとしたらまたコウノトリに会えるかも…と思い、しばらくカメラをもって出社していましたが、結局会えずじまい。

そして、年始のある日の朝。
会社へ行く途中の池の周りにカメラを持った人が何人かいました。
車を走らせながら池の中を見ると、コウノトリが数羽いました。
カメラを持っていなかったため、そのまま車を進めて出勤しました。

そして先日、朝その池の前を通ったときに池を見るとまたコウノトリがいました。
この日もカメラを持っていません。
仕事帰りにもまだコウノトリがいたので、とりあえず車を停め、スマホで写真を撮りました。
が! やはり見れたものではありませんでした……(T_T)

今日はカメラを持って会社へ行きました。
朝はその池にはコウノトリはいませんでした。

会社の裏には池(前述の池とは別)があります。
ちょうど事務所から池の様子がよく見えます。
15時過ぎにふと窓から池を見ると………コウノトリがいました!
慌てて車にカメラを取りに行き、やっとやっとコウノトリの写真を撮ることができました!







つがいかな…。
足環の色で個体識別できるようです。


今日会社の裏にやってきたコウノトリは赤・黒/緑・黒の足環をした子と赤・黒/赤・緑の足環をした子でした。
調べてみると赤・黒/緑・黒の子は「J0270」2019年4月30日孵化のオス、赤・黒/赤・緑の子は「J0264」2019年6月6日孵化のメスみたいです。

仕事を終え、帰り道。
朝いなかった池にもコウノトリが1羽いました。
こちらでも写真を撮ってきました。

ディオール フォーエヴァー スキン コレクト 1,5 NEUTRAL 11ml

こちらの子は黃・黃/黒・赤でしたので「J0152」、2017年4月17日孵化のメスだそうです。

「Corel AfterShot Pro 3」を買ってみた



Corel社の写真編集ソフト 「AftrerShot Pro 3」がお買い得になっていたのをたまたま発見。
ついつい買ってしまいました。
(1日だけ限定だったので、上記のリンク先は元の値段になっていると思います。
いつまでかわかりませんが、日替わりでCorel社の商品がお買い得になっています。
Today Only 日替わりキャンペーン」)


かなりいいです!
使いやすいです!
…というわけで、気に入ってしまったのでちょっと紹介しておきます。

例えば……↓こんな写真。
左側が元画像(リサイズのみ)、右側がAftrerShot Pro 3でちょちょっと編集したもの。




サンタさんが暗くて黒く潰れています(↓青で囲んだ部分)。
その割に後ろの電飾の馬が明るすぎます(↓白で囲んだ部分)。
他にも風景が黒く潰れていたり…。
これをAftrerShot Pro 3で編集してみると、サンタさんは明るくなり、電飾の馬の明るさも白く飛んでしまわず見やすくなりました。
周りの風景も少し見えています。


もちろんPhotoshopやAffinityPhotoでもできるんですけど、少なくとも私の場合はAftrerShot Pro 3の方が断然使いやすい!
AftrerShot Pro 3で調整したあと、ボタンひとつでPhotoshopやAffinityPhotoなどのソフトに送ることができ、そのまま細かい編集も可能なので、編集の幅が広がります!

↓ちなみに……PhotoshopやAffinityPhotoでサンタさんの顔がよく見えるように(手間をかけずに)調整してみると…
イルミネーションは白く飛んでしまい、風景の黒い部分もムラができて汚いです。
もちろんサンタさんだけのレイヤー、その他のレイヤーなどに分けて調整すればそれぞれにちょうどよい調整ができますが、範囲選択が苦手な私にとってはちょっと面倒くさい作業になるのです……。


写真撮影がいつまでたっても上達しない私にとって、写真撮影後に調整して見やすい写真を作ってくれるAftrerShot Pro 3はとっても心強い味方となってくれました!

本家Corel社の「After Shot Pro 3」のサイトはこちら
私が購入したのは「ソースネクスト」経由でしたが、全く同じものが販売されています。